起立性調節障害の症状とは?

無呼吸症候群の改善方法

 

起立性調節障害にはいくつもの症状があります。

朝起きられない
立ちくらみや目まい
食欲不振
頭痛
気分のイライラ
夜眠れない
倦怠感

 

基本的には身体がだるい、イライラする、具合が悪い、朝起きられないなどが挙げられます。起立性調節障害になると、夕方くらいから元気になり夜眠ることができなくなり、次の朝もまた起きられなくなるという悪循環にハマリ抜け出せなくなります。

 

特に珍しい病気ではなく、小学生では約10%、中学生では約20%の子どもが発症し、大人でも発症することがあります。


起立性調節障害の原因とは?

冒頭でも書きましたが、起立性調節障害は10代で発症することが多い病気です。その原因は自律神経のバランスが乱れることにあります。

 

自律神経には身体を活発にする交感神経と、身体を休ませる副交感神経があります。この2つの自律神経がうまくバランスをとることで規則正しい生活ができるのですが、バランスを崩すと身体に不調をきたします。

起立性調節障害を治すには?

起立性調節障害の原因は自律神経のバランスが乱れることですが、症状を改善するには自律神経のバランスを整えることが重要で、自律神経のバランスを整えるには朝の起き方がとても大切です。

 

 

「あなたは朝起きる時どんな方法で起きていますか?」

 

 

もし音の出る目覚まし時計やスマホのアラームで起きている場合は止めた方が良いです。なぜなら音で目を覚ますという行為が自律神経のバランスを乱す原因だからです。

 

音で起きるというのは、身体を驚かせて強制的に起こされる行為で、身体が緊急事態だと思い込み血圧や心拍が上昇してしまい、朝一番で自律神経が乱されてしまうため、できることなら音の鳴る目覚まし時計は使わない方が良いのです。

 

少し思い出してください。

 

「大きな音の目覚まし時計で起きて、気持ちよく目覚めたと思えますか?」
「ほとんどの場合は、音がうるさくて朝から気分が悪くないですか?」

 

音で起こされるというのはそういうことです。

 

自律神経を乱さず目覚める最善の方法は朝日を浴びることです。

 

睡眠時に朝日を浴びると徐々に睡眠状態から目を覚まします。そうすると血圧も心拍も上昇せず、自律神経を乱すこともありません。

 

自律神経を乱さない目覚め方を継続して続けることで、起立性調節障害も徐々に改善していきます。まずは音の目覚まし時計の使用を止めて、光で目を覚ますことを心がけてください。

光で目を覚ます具体的な方法とは?

光の目覚まし時計

 

朝日で目を覚ますにはカーテンを開けて寝る必要がありますが、防犯上の理由などからカーテンを開けて眠るのが難しい場合があります。また几帳面な性格上、カーテンが開いていると眠れないという人も大勢います。

 

その場合は、光の目覚まし時計を使うことで朝日を浴びるのと同じ効果を得ることができ、時間をコントロールできるというメリットもあります。

 

季節や住んでいる地域によって朝日の昇る時間が違います。仕事で毎朝6時に起きる場合は年中朝日で起きることは不可能です。

 

しかし、光の目覚まし時計なら季節や地域を関係なく、一年中決まった時間に朝日と同等の光で目を覚ますことができます。光の目覚まし時計は購入後3ヶ月後でも全額返金保証が付いているので、お試し感覚でまずは試してみると良いですよ。

 

 

▼[全額返金保証付き・送料無料]今だけ割引価格で購入できます▼