私のYOKONE愛用歴は2年以上!

私が初めて"YOKONE"を購入したのは2016年4月です。下の画像は購入完了時に送られてきたメールのヘッダー部分です。2016年4月8日に購入したのが分かります。

 

YOKONE購入日

 

その後改良が加えられた"YOKONE2"が販売されるのと同時にYOKONE2も購入し、YOKONEシリーズを使い始めて約2年半が経ちます。

 

YOKONEに関してはもはやベテランです(笑)

 

そんなYOKONEを知り尽くした私が「実際に使ってみてどうなのか?」などを本音で暴露したいと思います。

 

▼[数量限定]今だけ割引価格で購入できます▼

横向き専用枕YOKONEをなぜ購入したのか?

寝ても疲れが取れない

YOKONEを購入する前までは、寝具店で購入した羽毛枕をずっと使用していましたが、朝起きても疲れが取れなかったり、体が痛くなることがありました。

 

初めのうちは買い換えるのがもったいないと思い我慢して使用していましたが、寝ても疲れが取れないことに我慢の限界がきて、新しい枕を探していた所、ネットで話題になっていたYOKONEのことを知り、思い切って購入したのが始まりです。

YOKONE2が到着した時の梱包状態

YOKONE2は箱全体をプチプチで丁寧に包まれた状態で届いたのですが、想像以上に大きな箱で驚きました(笑)

 

私が購入した時は白い箱でしたが、現在は黒い箱にデザインが変更されたようです。箱は変わっても商品自体はまったく同じです。

 

YOKONE2の梱包

 

 

箱から出すとこんな感じです↓

 

YOKONE2

 

箱から出した時の第一印象は「カッコイイ!」です(笑)

 

旧型の時は開封時にウレタン特有のニオイがありましたが、YOKONE2はそれ程ニオイがなかったので、ニオイについても改良されたのかもしれません。

YOKONE2の改良点

初代YOKONEから改良されたポイントは3つあります。

3つの改良ポイント!

 

うつ伏せしやすい形状に変わった
安眠しやすい冷感素材に変わった
高さ調整が可能になり好きな高さで寝られるようになった

 

うつ伏せしやすい形状に変わった

形状がひと目で分かるくらい変わりました。左が旧型で右が新型のYOKONE2です。

 

YOKONE2改良点

 

旧型に比べてうつ伏せしやすくなり、寝ながら読書するのが好きな人はかなり楽な状態でうつ伏せし続けられるようになりました。スマホ・タブレット・キンドルなども操作しやすい体勢です。

 

YOKONE2改良点

 

 

安眠しやすい冷感素材に変わった

頭を冷やして寝ると質の高い睡眠に繋がると昔から言われており、頭だけを冷やして首は冷やさないようになっています。これにより一年中質の高い睡眠が取れるようになりました。

 

YOKONE2改良点

 

 

高さ調整が可能になり好きな高さで寝られるようになった

旧型は高さ調整ができませんでしたが、新型は枕の裏にあるジッパーを開けると、高さの違うウレタン素材の板が2枚入っているので、板を何枚入れるかで最大3cmの高さ調整ができるようになりました。

 

男性・女性・体格などに合わせて誰でも寝やすい高さに調節できます。

 

「たった3cm?」と思うかもしれませんが、実際に試してみると寝心地がかなり違います。私も色々試しましたが、私の場合は一番低くするのが寝やすいと感じました。

 

YOKONE2

YOKONEを使い始めてどう変化があったのか本音で暴露

初めてYOKONEを購入した日から毎日YOKONEを使っており、使い始めた頃に感じた変化など"本当に毎日使っている人にしか分からないこと"を本音で書きます。

 

まず使ってすぐに思ったのが「とても寝やすい」と言うことです。今までは枕の硬さは違えど、どの枕も四角い形をしたいわゆる"普通の枕"しか使ったことがありませんでしたが、YOKONE2はかなり立体的で複雑な形をしています。

 

YOKONE2の形状は"頭・首・肩・腕"が支えられ、一番寝やすい位置になるように計算されて設計されているのですが、これが思いのほか寝やすくて、朝起きても体が痛くなると言うことがなくなり、スッキリと起きられるようになりました。

 

YOKONE2

また、私は布団に入ってから大体30分~1時間は寝付けないことが普通で、布団に入りながら「今何時?」と何度も時計を確認してしまっていましたが、YOKONEを使い始めてからは、遅くても30分くらいで寝付けるようになり、睡眠時間を長く取れるようになりました。

 

横向きで眠ると多くのメリットがあると言われていますが、"寝付きが良くなる"のもメリットの1つと感じています。

 

ちなみに、YOKONE2は横向き専用枕ですが、仰向きで寝てもまったく問題ありませんでした。一応試してみたくて仰向けで何度か寝てみましたが、普通の枕と同じように仰向けでも問題なく眠ることができました。ただし、やっぱり横向きで寝た時の方が体の調子は良いと感じました。

 

正直初めは「枕を変えただけでそんなに変わらないのでは?」と半信半疑でしたが、YOKONEを使って体の変化を実感してからは「枕選びって大事なんだな」と思うようになりました。

私が実際に感じた体の変化まとめ

 

朝起きて体が痛くなることがなくなった
朝スッキリと起きられるようになった
以前より翌朝に疲れが残らなくなった
寝付きが良くなり睡眠時間が増えた

YOKONEを使用するにあたっての注意点

YOKONEを使用する時に気になった点が2つほどありました。

初めの数日間はウレタン素材のニオイがする
枕に慣れるまで数日掛かる

 

一つ目はYOKONE2を箱から出した時にウレタン素材のニオイが多少することです。旧型に比べるとかなりニオイはしなくなりましたが、気になる人は気になるかもしれません。

 

強烈なニオイではないので、顔を近づけないとニオイを感じないですが、どうしても気になる場合は枕に一枚タオルを敷くとほぼニオイはしなくなるのでオススメです。

 

何日かするとニオイは完全に消えますが、天日干しやファブリーズをすると早くニオイが消えると思います。

 

YOKONE2

 

二つ目はYOKONEだけに言えることではありませんが、枕が変わると違和感があります。今まで使っていた枕からガラッっと変わるので当たり前と言えば当たり前ですが、初日は少し寝づらいかもしれません。

 

私の場合は2~3日で慣れましたが、それ以降は最高に心地よく眠ることができています(笑)

YOKONE2は買う価値があるのか?

実際に2年半も使い続けている私からすれば、十分買う価値はあると感じています。例え話ですが、今YOKONE2が部屋から無くなったとしたらもう一度YOKONE2を購入します。個人的にはそれくらい買って良かったと思っています。

 

ただし、万人にはオススメしません。

 

YOKONE2は仰向けで寝ても違和感はありませんが、あくまでも横向き専用枕なので、仰向けでしか寝ない人は特に購入する必要はないと思います。あと、今使っている枕に満足している人も無理に購入する必要はないのかなと思います。

 

普段から横向きで寝る人であれば、YOKONE2を使うことで睡眠の質がグーンと上がり、朝起きて体が痛かったり、疲れが取れないなどが改善される可能性があります。

 

こんな人にオススメ!
朝起きても疲れが取れないと感じている人
朝起きると腰が痛くなっている人
朝起きると肩が痛くなっている人
朝起きると頭や首が痛くなっている人
寝付きが悪い人
イビキに悩んでいる人
ストレートネックの人
睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる人
オーダー枕で失敗した人

 

これらの悩みを抱えている人であれば、悩みが改善され生活のクオリティが上がるかもしれません。朝起きた時に首・肩・腰・腕などが痛い、イビキが出る、疲れが取れないなど、何らかの障害があるのであれば、購入してみる価値は十分にあります。

 

普段から横向きで寝ている人にはめちゃくちゃオススメです。私も横向きで寝ることが多いですが、以前の枕と比べると寝やすさが段違いで良いです^^

 

今現在公式サイトでは最安値の特別価格で購入できます。私は定価で購入したので、私が購入した時の22%オフです。

 

さらに2週間お試しで使ったあとに返品することもできるので、購入するなら絶好の機会です。もちろん返品したあとは全額返金されます。

 

割引価格で購入できるのは数量限定ですし、返品もできるので、少しでも「気になる」「試してみたい」と思うのであれば、割引価格のうちに試してみると良いですよ。ちなみに送料も代引き手数料も無料です。

 

▼[数量限定]今だけ割引価格で購入できます▼