MENU

無呼吸症候群の症状とは?

眠っている間に呼吸が止まる病気のことを無呼吸症候群といいます。

 

症状としては、寝ている間にいびきをかき、突然いびきが止まります。
その後またいびきをかくというのが繰り返されます。
いびきが止まるときに呼吸が止まっているのです。

 

医学的には10秒以上の呼吸停止の事を無呼吸と呼び、
10秒以上にわたり通常換気量の半分以下が低呼吸となります。
さらに無呼吸が一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上で睡眠時無呼吸となります。

 

無呼吸症候群では睡眠時に呼吸が停止されるため酸素が減ってしまいます。
酸素が減ると酸素を補おうと心拍数を上げるため脳や身体への負担がかかります。
そのため、昼間の活動時に強い眠気や倦怠感などを感じ、
集中力が低下するようになってしまいます。

 

 

無呼吸症候群の原因とは?

原因は大きく分けると2つあります。

 

1つ目は閉塞性睡眠時無呼吸タイプで、無呼吸症候群の多くの人がこちらです。
これは気道が狭くなり呼吸が止まってしまうタイプです。
気道を狭くしてしまう原因は肥満による首まわりの脂肪が挙げられます。
よく肥満の人は無呼吸症候群になりやすいと言われるのはこのことからです。
その他にも扁桃腺の肥大や小さい顎などが考えられます。

 

2つ目は中枢性睡眠時無呼吸タイプです。
無呼吸症候群の少数ですがこのタイプの人もいます。
このタイプは呼吸中枢の異常です。
延髄にある呼吸中枢の異常により、呼吸指令が出ないため呼吸が停止してしまうのです。
このタイプで無呼吸症候群になる人の多くは脳の障害を抱えていたり、
心疾患を患っている人が多いのが特徴です。

 

 

無呼吸症候群の改善方法とは?

無呼吸症候群の最も多い原因は肥満によるものなのでダイエットは改善方法として非常に効果的です。
肥満の人は首周りの脂肪により気道が狭くなるので、
ダイエットにより首周りの脂肪を落とすことができれば無呼吸症候群を改善する事ができます。
肥満による無呼吸症候群の人にはダイエットが最善の改善方法です。

 

病院で治療するのも改善するための方法の1つです。
病院での治療法には3つあります。

 

1つ目はCPAP療法です。
これは寝るときに鼻マスクを付け、空気を送り気道を強制的に広げるのです。
この方法なら呼吸を確保することが出来ます。

 

2つ目は外科手術です。
扁桃腺の大きさが無呼吸症候群の原因の場合には手術が一番効果的です。
むしろ扁桃腺は大人になったら小さくならないので手術しか改善方法がありません。
逆に無呼吸症候群の原因が扁桃腺の肥大にあるのなら手術することにより間違いなく改善することができます。

 

3つ目はマウスピースを使用した改善方法です。
無呼吸症候群の軽度の人が多く利用する改善方法です。
マウスピースを使って眠ることにより気道を確保して無呼吸になるのを防ぎます。
マウスピースを使用すると下顎を少し突き出したようになるので気道が確保できすのです。
CPAP療法や外科手術に比べて非常に実践しやすいので、まずはマウスピースを使用した改善方法を行うと良いです。

 

 

無呼吸症候群の予防方法とは?

最も重要な予防方法は肥満にならないことです。
無呼吸症候群の最大の原因が肥満である以上、適正体重を維持し肥満にならないように意識することが重要です。
もちろん肥満は他の病気にも繋がるので健康を維持するためにも適正体重を維持し続けるべきです。

 

その他には就寝時に鼻呼吸にすることも予防となります。
口呼吸は鼻呼吸に比べて気道が狭くなってしまい無呼吸症候群になりやすいため、
就寝時には鼻呼吸にしておくのは予防となります。
現在は市販で口呼吸から鼻呼吸に矯正するグッズも売られているので使用して鼻呼吸にしておきましょう。

 

寝方を注意するのも予防になります。
仰向けで寝る人は舌が喉の奥にいきやすく、気道が狭くなってしまうため、無呼吸症候群になりやすいです。
普段から就寝姿勢を横向きやうつぶせにしておくことは予防になります。

 

さらにお酒を控えるのも予防になります。
アルコールを摂取すると首周りの筋肉が弛緩してしまい、気道が狭くなってしまいます。
お酒を控えてアルコールの摂取を断つことは無呼吸症候群の予防になります。

 

無呼吸症候群の予防としては就寝中の気道を確保することにつきます。
無呼吸症候群の予防をしたい人は就寝中に気道を狭くしてしまうことに影響を及ぼすような行動をしないことが重要です。

 

 

 

すでに太っている人がダイエットをするのは時間が掛かり大変ですし、
普段からお酒を飲んでいる人にとっても、お酒を控えるのは辛いかもしれません。

 

そこでとても役に経つのが横向き寝専用枕のYOKONEです。
YOKONEには特許技術が使われており、様々な身体の不調を改善する効果があります。
横向き寝で気道確保も出来る上に、睡眠の質もグンっと上げてくれます。
本気で無呼吸症候群を治したい方にはすごくおすすめの枕です。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ