MENU

いびきのメカニズムとは?

いびきは空気の通り道である気道が何らかの原因で狭くなり発生してしまいます。

また気道が狭くなればなるほど大きな音を発生させやすくなります。

 

これは口笛やリコーダーを例にすると非常にわかりやすいです。
口笛を吹くときには唇をすぼめ息を吐くことで空気の通り道を狭くして音を出します。

 

リコーダーも空気の出る穴や息を吹き込む口は小さくて狭い穴です。
これらはいびきのメカニズムと同じなのです。

 

なんらかの理由で気道が狭くなってしまうと音を発生させてしまい、
いびきをかいてしまうのです。

 

 

 

いびきによる私生活の影響について

最も大きい影響は家族をはじめとして、集団生活やルームメイトなどに迷惑が掛かってしまいます。
周りの人にとっては騒音ですから眠りを妨害されてしまいストレスが溜まってしまいます。
いびきの影響で仲が悪くなってしまったり、中には離婚をされてしまうパターンもあるほどなのです。

 

 

 

 

もちろん本人にも影響を及ぼします。
いびきをかく人は疲れがなかなか取れません。

 

いびきをかく人は深い眠りにつけず、睡眠の質が著しく悪くなってしまいます。
その結果として疲れが取れないという状況に陥ってしまうのです。
ですから、慢性的な疲労状態となり他の病気へ進行してしまう可能性も考えられます。

 

いびきは自分だけの問題ではなく、周りの人にも大きな影響を及ぼしてしまいます。
いびきをかく人はなるべく早く改善方法を実践することをおすすめします。

 

いびきの原因とは?

いびきの原因はいくつか考えられます。

 

最も多いとされるのが肥満によるいびきです。
肥満の人は首回りや舌に脂肪がつき、その結果として気道が狭くなってしまうのです。

 

さらに注意してほしいのは肥満でなくても首周りに脂肪がついている人もいびきをかきやすいです。
首周りの筋力の低下などで二重あごの人は要注意で、寝ているときに舌が喉の奥に落ち込み気道を狭めるのでいびきの原因となるのです。

 

よくある原因としては鼻づまりも考えられます。
特に一時的にいびきをかくことがある人は鼻づまりの可能性が高いです。
鼻づまりになると無意識のうちに口呼吸となってしまいます。
口呼吸は鼻呼吸に比べ気道が狭くなってしまので、結果としていびきをかいてしまうのです。

 

他にも扁桃腺が大きい人もいびきの原因になります。
扁桃腺とは喉の奥両側にある器官です。
扁桃腺は幼少期から子どもの頃は大きくなり、成長とともに中学生頃より小さくなり始めます。
しかし、扁桃腺は個人差があるので大人でも大きい人はいます。
大きい扁桃腺は睡眠時に気道を狭めてしまいいびきをかく原因となってしまうのです。

 

小顔の人もいびきをかく可能性があります。
小顔の人は顎が小さい人が多くいびきの原因となってしまうのです。
顎が小さい人は舌が顎の中に納まりません。
その結果として納まりきらない舌は気道を狭めてしまいいびきの原因となるのです。

 

過度の過労・ストレスも原因の1つです。
ハードスケジュールなどで非常に疲れていると普段いびきをかかない人もかくときがあります。
人は過度の過労・ストレスを感じると酸素を多く必要とします。
その結果、口呼吸になってしまいます。
口呼吸ではいびきをかきやすいため、過度の過労・ストレスもいびきの原因となるのです。

 

主ないびきの原因

 肥満

 首周りに脂肪がついている人

 鼻づまり

 扁桃腺が大きい人

 小顔の

 過度の過労・ストレス

 

 

いびきの改善方法とは?

改善方法はいびきの原因によって異なってくるため、自分のいびきの原因を知る必要があります。

 

最も多い原因である肥満の人はとにかくダイエットです。
首回りや舌の脂肪を減らすことができれば気道の空間を確保できいびきの原因を取り払うことができます。
肥満はいびき以外にも他の病気にもなりやすいので健康のためにもダイエットをおすすめします。

 

簡単にできる改善方法としては横向きで寝ることです。
横向きで寝ると舌が喉の奥に落ちることを防ぎます。
舌が喉の奥に落ち込むことが原因のいびきの場合では非常に有効な改善方法です。

 

口呼吸から鼻呼吸にすることも改善方法となります。
鼻呼吸にするためのグッズも市販で多く売られているので、
それらのグッズを使用して鼻呼吸に矯正することが改善方法となります。
口呼吸が原因でいびきをかく人には有効な方法です。

 

扁桃腺が大きいことでいびきをかく人には、残念ながら手術しかありません。
大人になってからは扁桃腺が自然に小さくなることはありません。
扁桃腺が原因の場合では手術して扁桃腺を切除するしかいびきを解消する方法はないのです。

 

この中で最も簡単に試せる方法は横向きで寝る事です。
これなら今日からでも実践することが出来ます。
そして横向き寝の効果を最大限に高めるには枕にもこだわりましょう。

 

横向き寝専用枕のYOKONEは睡眠による様々な障害を改善します。
主にストレートネック、いびき、無呼吸症候群、身体の疲れなどで悩んでいる方は改善する可能性があります。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ